はたらくこと

うつと向き合うための10のこと

うつ病と上手に向き合うために実践していただきたいことを紹介します。

1自分のペースで受け止める

自分のペースで受け止める

うつ病を受け止め、理解することが回復への第一歩です。うつ病の受け止め方は人それぞれであるため、ゆっくりでもよいので、自分のペースでうつ病を受け止めましょう。

2あきらめることを覚える

あきらめることを覚える

あきらめは絶望ではなくリセットです。これまでの自分を見つめなおし、負担になっている目標や目的をあきらめることも考えてみましょう。

3自分を責めない

自分を責めない

自分を責めることは、うつ病の症状の1つでもあります。
また、うつ病は、自分自身で発症を防ぐことが難しい病気です。
「自分が悪かった」と思いつめないようにしましょう。

4副作用をよく知ること

副作用をよく知ること

服用している薬の副作用をよく知ることは、早期の適切な対処へつながります。副作用があらわれた場合は、勝手に中断せずに、医師に相談しましょう。

5休養に専念する

休養に専念する

医師から休養が必要と判断された場合、休養に専念することが、回復に向かうために重要です。何もせず、こころとからだを休ませましょう。

6お薬を勝手に中止しない

お薬を勝手に中止しない

自分の判断でお薬の服用を中止したり減量することは、症状の悪化や再発を引き起こすことがあるためやめてください。お薬に関することは、まず医師に相談しましょう。

7自分なりの意義を持つ

自分なりの意義を持つ

物事のとらえ方によって、ストレスの感じ方は変わります。
たとえ無意味に思えるようなことであっても、自分なりの意義を持つことで、ストレスを減らすことができます。

8完璧を目指さない

完璧を目指さない

うつ病から回復した状態を維持するためには、無理をせず、完璧を目指すことはやめましょう。うつ病発症前のペースで生活しないことが大切です。

9エネルギーを意識して過ごす

エネルギーを意識して過ごす

エネルギー(体力や気力)には限界があります。
復帰した後は、自分のエネルギー量を意識して、無理しないようにしましょう。

10迷わず医師を頼る

迷わず医師を頼る

うつ病から回復した後も、こころやからだの調子が悪くなることがあるかもしれません。そのようなときは、迷わず医師を頼ってください。どんなことでも早期の対応が大切です。

  • 野村総一郎 監修:入門 うつ病のことがよくわかる本, 講談社, 東京, 2018
  • 尾崎紀夫 監修:よくわかるうつ病 診断と治療、周囲の接し方・支え方, NHK出版, 東京, 2014
  • 五十嵐良雄 監修:うつ病・躁うつ病で「休職」「復職」した人の気持ちがわかる本, 講談社, 東京, 2014