メッセージ

はたらくあなたにとって、うつとどのように向き合い、治していくかということは、ときに迷ったり、悩んだりしてしまうことかもしれません。
そんなとき、本サイト「うつ、ここから晴れ」を、どのように活用していただきたいかをムービーでご紹介します。

メッセージ

うつ症状チェックシート

うつ病は、はっきりした自覚症状がないため、自分で気付くことが難しい病気です。
簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J)1)、2)でうつ症状をチェックしてみましょう。
睡眠、食欲/体重、精神運動状態に関する項目について、設問に答えていくことで簡易的にうつ度がチェックできます。

注意:セルフチェックの結果のみで正確に診断することはできません。
結果の如何にかかわらず不安がある場合には、専門の医師に相談してください。

チェック開始

簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J)とは2)
簡易抑うつ症状尺度(Quick Inventory of Depressive Symptomatology:QIDS-J)は、16項目の自己記入式の評価尺度で、うつ病の重症度を評価できるほか、アメリカ精神医学会の診断基準DSM-IVの大うつ病性障害(中核的なうつ病)の診断基準に対応しているという特長を持っています。
世界的に知られた精神科医John Rush先生によって開発され、世界10カ国以上で使用されています。
採点の方法2)
睡眠に関する項目(第1~4項目)、食欲/体重に関する項目(第6~9項目)、精神運動状態に関する2項目(第15、16項目)は、それぞれの項目で最も点数が高いものを1つだけ選んで点数化します。
それ以外の項目(第5、10、11、12、13、14項目)は、それぞれの点数を書き出します。
うつ病の重症度は、睡眠、食欲/体重、精神運動、その他6項目を合わせて9項目の合計点数(0点から27点)で評価します。
原版QIDSでは、点数と重症度は下記のようになっています。
0点~5点
正常
6点~10点
軽度
11点~15点
中等度
16点~20点
重度
21点~27点
きわめて重度
QIDS-Jの使い方2)
各項目が大うつ病性障害の症状に対応しているので、うつ症状の評価やスクリーニングに使えるほか、合計点を算出することでうつ状態の変化を見ることができます。
6点以上の場合にはうつ病の可能性がありますので、まず医療機関に相談してください。